2017年6月16日に金曜日ミュージックステーション(Mステ)で話題になったフリースタイルダンジョン!!
7人の最強ラッパーたちが6月7日にリリースの『MONSTER VISION』は配信後4日間、iTunesTOPソングランキングで1位を獲得。そのうえ、今回Mステでラッパーたちが“Dungeon Monster”(ダンジョンモンスター)として出演。Twitter大盛り上がりとなりました。

今回はラップバトルが繰り広げられるバラエティ番組の“フリースタイルダンジョン”に次なる新しいモンスターが発表されたそうです!!いったい新しいモンスターは誰なのか?

フリースタイルダンジョンの魅力にせまっていきたいと思います!!

スポンサーリンク

フリースタイルダンジョンについて

2015年9月30日から放送されているバラエティ番組(毎週水曜日夜中1時26分~56分)JST。

フリースタイル(即興)のラップバトルが繰り広げられ、この番組を観覧しにくるひとも多い、今話題の番組です。君臨する7人の強豪ラッパーたちを勝ち抜いていく方式で賞金をゲットできる仕組み。

一人目10万、2人目20万、3人目30万、4人目50万、5人目100万と賞金金額も上がる。

また、このラッパーバトルでは、番組放送中、歌詞が文字起こしされて、テロップをつけて放送されています。

スポンサーリンク

フリースタイルの新モンスターは誰?

新モンスターは6にんのラッパーたち!!

1.裂固

裂固とT-PABLOWとのラップバトルで大変話題になった人物。スキルもあり、堂々している姿が印象的。かなり期待の星のようですね。

2.FORK

彼は37歳で、ラップは中学で、友達から聞いたことがきっかけではじめました。活動は2001年からで、2006年には最強のラッパーとして評価されていたようです。

3.呂布 カルマ

日本最高峰のMCバトルの大会、Ultimate MC Batlle  に2011年、2012年、2014年、2016年と4回も本線に出場する実力者。現役最強をかけてラッパーの晋平太との激戦を制覇して見事現役最強をてにする。かなりキテルらラッパーの一人!

パンチラインが強く、言葉に重みがあり、その言葉に相手は並大抵ではたちうちできないほど!!凄腕ラッパーに違いないでしょう!

4.輸入道(わにゅうどう)

彼はえぐいパンチラインを持ってると話題のラッパー。普通のラッパーが並べてくるラップと違い、テレビにでたらコンプラで隠されてしみそうなワードをいかついた顔でヴちまけてくる。まだ27歳と思えないほどの貫禄あるラッパーです。

5.ACE

ブラジル生まれで日本で育った彼は、高校生のときにMCの存在を知り、18歳からクラブに出入りするようになりました。これまでも様々なMCバトルで優勝をおさめてきており、2016年のオリンピックのCMソングで抜擢され、ラップACEとオフィシャルCMが流れました。かなりラップの世界では有名。

6.崇勲(すうくん)

この中でラスボス般若と対戦したことのある崇勲は当時かなり話題になっていました。18歳からヒップホップにはまり32歳にやっとアルバム『春日部鮫』をリリース。漢 a.k.a.GAMIが主催するフリースタイルバトルトーナメントで「KING OF KINGS」で初代優勝者で全国的にも一躍有名になったラッパー。

フリースタイルダンジョン

ラスボスは般若!

実は新モンスターである崇勲と対戦したラスボスの般若。

彼のラップには魂がこめられていて、これまで何人ものラッパーたちを抑えて勝ってきました。実は、日本人と韓国人のハーフ。20歳まで自分がハーフだと知らなかったようです。

彼は高校生の時、DJを目指していましたが、韻の読み方を知ったことがきっかけでMCの世界にのめりこみます。

日々、「すべてはライブの為」と様々なトレーニングを実践中。

また、もともと「般若」というグループで活動していたのですが、2003年よりソロとして活動開始。その年のMCバトル2003で当時大変有名になったそうです。

フリーバトルでラスボスになった彼のMCは、毎回魂と魂のぶつかり合いに観客も心打たれているようです。

崇勲とのラップバトルの際に般若にしか言えないパンチライン「俺は親父がいねぇから/俺が親父になって/ヒップホップシーンにすべてを残すMC」や「お前にとっての真ん中/目の前にいるのがそう般若」、「仲間なんて一人だっていなくても俺は死んでもラップをする」

どんなに相手が攻撃してきても熱いラップ魂で相手の心に響かせる彼の覚悟あるたましいのラップが彼をラスボスにさせているのではないでしょうか。

今後、彼のMCパワーはますます増すでしょう!!今後もフリーバトルに注目です!

フリースタイルダンジョンのモンスターー解散理由は?新体制とは?