2017年6月13日アメリカで元NBAバスケットボール選手のデニスロッドマンが北朝鮮に訪れてましたが、その次の日に拘束されていたアメリカ人大学生が釈放され、デニス・ロッドマンの影響か?と話題になっていました。

今回は、デニス・ロッドマンと北朝鮮との関係やなぜ北朝鮮を何度も訪れるのか、北朝鮮の金正恩(キム・ジョン・ウン)と関係についても調べてみました。

北朝鮮の核ミサイルの問題が深まる中、なぜこのタイミングで彼は北朝鮮を訪れているのでしょうか。

スポンサードリンク

デニス・ロッドマンって何者?

デニス・ロッドマンは、アメリカで元有名なバスケットボール選手でした。彼は歴代でも屈指のリバウンダーで、ロッドマンのディフェンスの考え方はNBAに大きな影響を与えました。

ただ、髪を染めたり、全身のタトゥーを入れたり、女装癖を隠さないなどの独特のライフスタイルにかなりの注目も集まっていました。

たびたび訴訟も起こしており、交際女性に暴力を振ったとして逮捕され、保釈金をはらい刑務所をでたりと、逮捕経歴もありました。

そんな彼は引退後の2011年主演で「バスケで世界に平和と友好を」という趣旨のドキュメンタリー映画を作成。

2013年2月26日には金正恩とも対面して、アメリカメディアではかなり彼に対しての批判があったようです。当時なかなか金正恩には会えないのですが、金正恩に会ったロッドマンは彼のことを「金正恩は友人」と言っていたそうです。

スポンサードリンク

なぜ北朝鮮へ行くのか?

ロッドマンはなぜ北朝鮮に行くのかについてですが、まず北朝鮮ではサッカーの次にバスケが人気なスポーツであり、金正恩がバスケットボールが大好きであることがきっかけで、ロッドマンを北朝鮮に招待することがあったといいます。

ロッドマン曰はく、金正恩の生活は、ハワイのような島で毎日乗馬やヨットなどを楽しみ、贅沢な生活を送っていたと話しています。

報道陣には、北朝鮮を訪れる理由は「スポーツを持ち込むことが目的」とも話してはいます。また、これまでも拘束された韓国系アメリカ人の釈放を求める手紙を何度も金正恩に送ってきています。

ロッドマンは、いつもバスケットボールを通じて、分断された南北北朝鮮の架け橋という役割を果たしていきたいと言っていました。

今回のロッドマンの突然訪問に、北朝鮮側もアメリカ側も驚いているようです。今後も注目が集まるといえるでしょう。

デニス・ロッドマン

金正恩との関係と北朝鮮での女遊び問題

金正恩との関係は、いまでもよく関係で、以前友人と宣言していましたが、今では金正恩のことを「親友」とも呼んでいるそうです。初めて訪れたのは2013年で、そこからバスケットボール好きの金正恩との交流が深まり、今回の報道で5回目の北朝鮮の訪問となっています。

また、金正恩もロッドマンのことを「永遠の友」といっているようです。

今回の訪問に関しては個人的な目的で特に招待を受けていたわけではないようですし、アメリカ側もとくに公的な役割の指示をしてはいません。

あくまで「スポーツを持ち込むことが目的」と主張しています。

ですが、うわさでは北朝鮮に訪れる理由として女の影がありました。それは2013年から北朝鮮を訪れるようになったころ、2014年にアメリカ側のメディアで、ロッドマンが北朝鮮の若い美人の女性から「特別なサービス」を受けていて、性的な接待を受けているという報道がありました。

このことが理由で、北朝鮮への頻繁な来訪の目的の一つとなっているようです。

表向きには、北朝鮮とアメリカの架け橋となりたいと公言はしていますが、そういった特別なサービスうけたことで女遊びのイメージも強くついてしまったロッドマン。

今後の彼の行動にたいへん注目が集まるのではないでしょうか。

※現在北朝鮮で拘束された大学生が釈放されたとして、なぜ釈放されたのか詳しく調べてみましたので御参考にどうぞ!

➡『なぜ北朝鮮は米大学生を釈放したのか?ボツリヌス中毒症が原因か?』

『ワームビア氏の現在に脳損傷あり!北朝鮮の人体実験が原因?』

※アメリカ人大学生が釈放された際に、1日違いで入国した元NBAバスケットボール選手デニスロッドマンについての記事を書きました。本当の目的はなんなのか詳しく迫ります。

『デニスロッドマンが北朝鮮へ行く理由は女性?接待の内容』

デニスロッドマンとトランプの関係は?北朝鮮で金正恩となにしてる?』

 

 

スポンサードリンク