こんにちは!

今回は皇太子様のご病気について調べてみました。

噂では尿もれのご病気で泌尿器科で手術していたという話があります。

そのきっかけとなったのが皇太子様のズボンに尿袋のようなものがあるということがわかったからなんです。

これがどこまで本当なのかについて、迫っていきたいと思います。

スポンサードリンク

皇太子様について

名前;皇太子徳仁親王(こうたいし とくしんのう)

生年月日;1960年2月23日

出身;東京都千代田区皇居宮内庁病院

お母様;皇后 美智子様

お父様;今上天皇

身位;皇太子

皇位継承権順位;第一位、法定推定相続人

ご結婚;1993年小和田雅子と結婚の儀をあげる

2001年に長女・敬宮愛子内親王がお生まれになる

1987年より2016年現在までに22回の今上天皇から委任を受け国事行為臨時代行を務めてきています。

スポンサードリンク

皇太子さまのご病気について!尿もれのため泌尿器科で手術?

皇太子さまのご病気についてですが、2007年6月5日に東大病院に入院されて、次の日に内視鏡を使った切除手術を受けられていました。

会見の内容によると、皇太子様は3月24日に定期健康診断でポリープが見つかり、5月12日に内視鏡で組織片を採取して、検査にだしたところ、ポリープは良性でした。

十二指腸のポリープ切除手術だったのですが、胃などと違って切除部位が傷つきやすいし、皇太子様のポリープは非常にめずらしい場所にできていたそうです。

なので、手術にに関しては、尿もれで泌尿器科にかかり手術をしているのではなく、十二指腸にできたポリープのため2007年に手術され、退院後はお住まいの東宮御所で約1週間の静養をされて、徐々に御回復されていると思われます。

皇太子様

ズボンに尿袋が?

では、尿もれや泌尿器科の話はどこからきたのかといいますと、皇太子さまのおズボンに尿袋と思われる画像があるためなんです。

推測で皇太子さまは尿もれでズボンに隠れるタイプの尿袋があり、なにかしらの病気をかかえているのでは?という噂なんです。

尿もれに関しての病気の憶測としては、

前立腺肥大症という病気の可能性がでてくるそうです。

この病気は50歳をこえると増えてくる、男性特有の病気なんです。

症状としては、

排尿障害がでるため、尿をためておくことが困難なのです。

排尿するときに、尿の勢いが弱くなったり、途中で尿がとぎれとぎれになったりするので日常生活においても不便な場面がかなり増えてきます。

尿袋はそんな人たちのためにズボンの中に隠れるタイプで装着することができるんです。

しかし、現段階で尿もれなどの前立腺関係になにか問題があるという正式に発表はありませんので、これはあくまで推測という話になります。

スポンサードリンク