こんにちは!

現代の日本ではまだ馴染みのない「仮想通貨」ですが、2017年からはさらに富裕層だけでなく気軽に一般の人でも仮想通貨を利用して投資、そして資産を増やす方法が多様化しています。

これから仮想通貨というのは、どんどんん私たちの身近になって行くことも感じてはいるものの、やったことのない人には、全く何から初めて良いのかわからないものです。

今回はその仮想通貨の世界では起きた問題、仮想通貨にもいくつもの問題や危険もあることについてお伝えしていきたいと思います。

仮想通貨「コインチェック」の流出です。この原因には以前から問題視されていたセキュリティの危険があったようなんです。

2018年運営大手のコインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM]ネムが流出してしまった原因を深く調査してみました!大事な資産となるはずの仮想通貨を守る対処法もお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

仮想通貨のコインチェックとは?

仮想通貨というのは、私たちがよく利用する電子マネーのように取り扱えるもの。つまりネット上で管理される通貨(お金)のことなんです。

そのため仮想ウォレットとも呼ばれていますね。

しかしこの仮想通貨、つまり日本円以外の通貨の取り扱いもしていく上では気をつけるべきこともたくさんあります。

投資について詳しい人はお判りいただけますでしょうが、通貨の価値というのは変動するものだからです。

そして、今回その仮想通貨を取り扱う大手の企業である「コインチェック」

大手企業であるコインチェックは実は日本でも最大級のビットコイン(仮想通貨)取引高を誇る会社。

2014年に立ち上げられていますが、順調に業績が伸びていったため現在(2018年)アプリを多くの方にダウンロードしていただき、初心者の方でもすぐにこの仮想通貨の取引がしやすくなっていると評判もいいのです。

スポンサーリンク

コインチェックのネムが流出で倒産の可能性?

コインチェックの特徴としては、

●13種類の仮想通貨を取り扱っていること

●アプリの使いやすさ

●若い世代でも気軽に「投資」できる

このようにコインチェックでは初心者でも少ない投資金額で気軽に始めやすいことも、大きな特徴となっています。

しかし、起きてしまったこの流出事件。

原因はなんだったのでしょうか?

取り扱っている「ネム」NEMの金額が全て流出してしまったとの情報が入ってきましたね。

2018年1月26日に緊急会見も開いたほど。

ユーザーは自身の資産を守るため預けているお金をおそらく引き出そうとするはずですが、この事件が発生してから、現在ネム以外の通貨取引されている顧客の資産に引き出しも完全にストップさせていることがわかっています。

今回の原因は様々な意見が飛び交っています。

1.不正アクセス

コールドウォレットとってオフラインでも利用できるのですが、その際のコインチェック側の管理がしっかりされていなかったことですね。

本当ならば、このように流出を防ぐためにある「マルチシグコントラクト」というシステムを採用させておくべきだったのですが、このシステムを利用していなかったことが問題として他社の仮想通貨企業からも批判の声が上がっていました。

コインチェックがネムを流出させてしまったのは、このようにセキュリティの管理が弱いため被害額も大きくなってしまったのではないでしょうか?

2.セキュリティに危険信号あり

もともとセキュリティの危険は囁かれていました。

以前に一時的にアカウントにログインができないため正常な状態での取引が不可能になったことがありました。

当時、その時の原因には、システムが仮想通貨購入や売却価格に異常値が発生、取引所と販売所に置いて安定したサービスの提供が厳しいと判断したことでサービスを一時停止をしたいう内容がコインチェックの公式ページに記載されていたようです。

これってつまり、システムをバグが原因ということ。

そのほかログインが複数のブラウザから同時にアクセスできるので、IDとパスワードさえ読み取られてしまえば、他人にもみられている可能性は十分にあり得るのです。

つまり今回の流出の原因としては、不正にアクセスを避けるためのシステム「マルチシグコントラクト」の導入が間に合っておらず、おそらくハッカーがそこに目をつけて顧客のデータを盗み、流出させてしまったという可能性が高いのでしょう。

このように流出により、

2018年1月金融庁から行政処分を行う方針が固められました。そのため、今後の処分次第では倒産、営業の停止の可能性は大きいとしていますが、まず「不正アクセス禁止法違反」などの容疑で捜査が入るようです。

不正アクセスというよりは、多額の金額が流出してしまったことが重大視されているとのこと。

青空

本当に日本円で返金保証されるのか?

資産を守るためにも仮想通貨を利用する企業は選ばないといけませんねー。

資産を守る対処法として、まだまだ情報不足ではありますが、

最低でもこのマルチシグコントラクトというシステムが導入されているかは確認が必要ですね。

●取引会社との信頼性(スムーズな取引)や対応

●ログイン時のセキュリティの強さ

●ウォレットの信頼性

必ず「https」(SSLサーバー証明書と言って、他のサイトからの不正アクセスを妨げることができます)から始まるサイトであるかは確認してから取引をしましょう。

●流出してしまった場合の対処

これらのことを明確に定義できる企業と仮想通貨をやりとりしていかないといけないですね。

資産を守るため、念のためウォレットもを安全な場所に保管する必要もありますし、いくつかの口座に資産を分けておくことも考えていくことが大事だと思います。

資産に関しては、コインチェックが、日本円での保証するとのことですが、どこまで信じられるのか、怪しいとこですね。貸せせるだけのお金を持っているのかも、、

今のところ、保証時期、手続きが検討中とのことです。