2017年7月2日に各政党が国政選挙並みの総力戦でのぞんだ東京都議会議員選挙(都議選)定数127名の投開票が行われました!!

なんと、小池百合子都知事が率いる地域政党の『都民ファーストの会』が大幅に議席を伸ばしており、圧勝!!というかたちになったのです。

つまり、『小池勢力』が過半数をしめ、今回自民党は惨敗となっています。

そこで、ネット検索してみますと、Twitterではこの『都民ファーストの会』で立候補者が50人いる中たった一人落選したというのです!!

49人も当選してることも凄いのですが、世間は落選者の一人が気になるようでしたので、今回一体誰が落選してしまったのかについてや、落選の原因も含めて調べてみました!!

スポンサードリンク

都民ファーストの会とは?

都民ファーストとは一言でいうと、『小池政党』のようなもの!だそうです。

都民ファーストは元々小池知事が塾長を務める『希望の塾』の主催団体として2016年9月に設立されました。

都議選を見据えて本格的な活動が始まったのは2017年1月。解党し『みんなの党』の流れを組む音喜多氏らが参加して、現在定数127名の都議会で5議席を持ちます。

現有議席は、都議会自民党56よりもはるかに少ないのに台風の目になっているのは何故か…それは小池人気の賜物。

今回の都議選では、公認候補50名で、公民党・生活者ネットの公認候補、さらに無所属候補11名などに推薦を出したました。7月2日の投票結果、島部【定数1名】で自民現職に敗れた1名除く49名が当選したのです!推薦した無所属候補6名も追加公認したため、55議席を獲得。自民党を逆転して、都議会第一党となりました。

さらに、友党にあたる公明党・生活者ネットとあわせると79議席となり、過半数を獲得しています。

勢いを増す都民ファーストの会は、今回しっかり結果を残すことになりましたね。

また、この勝利を受けた3日に小池百合子都知事は、会見の中で「都知事に専念する」とのことで、都民ファーストの会の会社表職を初代代表で幹事長の野田に譲り、自らは代表職を退くことを表明しています。

新たな「都民ファーストの会」には東京都知事特別秘書(政策担当)の野田数(のだ かずさ)を筆頭に今後さらに新しい動きをみせてくる形となったのです。

スポンサードリンク

落選した一人が気になる!一体、誰?

今回都議選で『都民ファーストの会』から1名が落選したのですが、調べてみますと・・・

新人の【八丈島議会議員】山下 宗でした!!

【出身】東京都 目黒区出身

【住まい】 東京都八丈島八丈町在住

➡八丈島は東京都心部から南に300キロ。伊豆諸島最南端に位置する八丈島。

【学歴】東京都立八丈高高等学校卒業

【職歴】 元東京都職員(総務局・人事委員会事務局

     元自民民主党八丈島総支部長

     元八丈島都議会議員(総務文教委員長)

     黄八丈ゆめ工房(染色家)

➡江戸時代から続く島の伝統織物で、都の無形文化財『黄八丈』を受け継ぐ工房を営んでいます

【都ファーストの会】

2017年3月に元都議田之上郁子氏ともに、民進党に離党届を出して、都民ファーストの会に公認してもらっています

2017年2月までは、八丈島総支部長。2月14日に都内で自民の支部長会議に出席した直後、知人だった「小池7人の侍」のひとり、細川正博代表と面会。出馬を打診され、いったんは断りましたが、応じることにしたといいます。

その際、山下宗はこうコメントしています。

『今の政治に風穴を開けたった。波風を立てて少し新鮮にしてやろうと思ってね。自民公認で議員になった以上、離党するなら議席を返すのがスジ。そう思って6年4か月務めた町議を辞めた』

【当選結果】

●落選➡山下宗の投票数は4100票;得票率29.0%

●選挙区→『島部』大島町・利島村・新島村・神津島村・三宅村・御蔵島村・八丈島・青ヶ島村・小笠原村

●島部選挙区での立候補者は、3人。

当選したのは渦中の自民党候補➡『三宅正彦』8804票;得票率62.3%

スポンサードリンク

落選の原因

落選した山下宗は、当選した三宅正彦とは旧知の仲で面識もあったといいます。

三宅議員の山下宗に対する人柄の評価がブログに書かれており、『山下議員は当選したての若手議員ですが、としょくいんやNPO代表を経て町議会議員になったそうで、被災者の受け入れ事業や観光ツアー主催など様々な活動をしているそうです』とつづっています。

今回の落選原因としては、

知名度大きな要因としてあげられます!

三宅議員は、もともと現職で都議会議員をされていたのに対して、会社員の肩書きをもつ山下宗とは経歴の差もあったのではないかとされています

山下宗議員はフェイスブックでこのようにコメントしています。

『都民ファーストの会』で唯一の落選は、まったく私の不徳のいたすところでございます。ご支援いただいた皆様には感謝してもしきれません。

しかし、島しょ部の現状を都市部の皆様に少しは知っていただけたのかなと思います。』

また、落選の原因に関しては、Facebookでコメントが寄せられていたそうです。

『選挙の勝ち負けは立候補者だけの何かで決まるわけではありませんよ。今はその時期ではなかった。その時期に向けて、やるべきことを粛々と取り組みましょう。ぜひ、一緒に。』

『残念だったけど、本当に島興って「自民党」という組織が強いんだなってつくづく思ったよ。そんな中、八丈はこういう動きなんだ、とかも思えたし、落選は残念だったど、それはそれで「糧」にしないと何も始まらないのでこれからも私は宗を応援していくよ。』

こうやってコメントを見ているだけで、山下宗さんの人柄も感じられますし、信頼されているのもわかります。コメントされた方のように、今はその時期ではなかったと、今回のことを「糧」として、再度立ち上がってきてほしい!と思います。

山下が抱えていた不満

山下宗には、自民党のえげつない集金システムにに不満を感じていたそうです。

『都連が開く政経パーティー券の購入ノルマ(八丈島総支部)は80万円もあり、これがキツかった。手元には1円も残らず、すべて都連にいく。はっきり言えば、ヤクザの上納金と同じ。自民公認の都議選候補者となれば100万円納めなければならない。この集金システムは民主主義ではない』

と話しています。

一般人では知ることのない内容でびっくりしましたが、議員にかかるお金は多額で、運営が大変であることを改めて知らされました。

※政経資金パーティーとは➡政治資金を集める目的で有料開催されます(会費を徴収して行われる)宴会であります。実は、めちゃめちゃ儲かるらしい…といううわさもありますが、実際にどうなのでしょうか。政治資金パーティーでは、政党の貴重な資金源であり、ここでいくら集めることが出来るかが、今後の選挙の際の軍資金に大きく影響するとか。

小池百合子

落選すると無職になるの?

議員も落選すると無職になる現実はやってくるようです。

●3日以内に活動していた事務所を片付けて、開け渡さないといけない→退去費は個人で負担

●落選後の収入が無くなる

→お金が入ってこなくなるのですが、家族が経営する会社であればそこから、なにもなければ後援会の誰かの会社で相談役等の名目でお給料をもらったりすることもある

※大物議員→十分の貯蓄があるので、数年は悠々快適に過ごせる

※小物【新人議員】→政党の公認候補となって、選挙区を戦ったんだけど、落選しちゃったという新人候補は、政党が生活の面倒をみてくれる

山下宗議員がこれに当てはまるかはわかりませんが、新人議員にはかなり厳しい現実が待ってるのは確かです。

落選後も職に恵まれず、収入の閉ざされた生活を強いられる人の中には(再度)立候補をあきらめてしまうケースも多いといいます。

「小池百合子の顔のたるみが気になる!化粧濃いのは若い頃から?【画像】」

スポンサードリンク