カナダ出身、現在の世界的に有名なロック歌姫、「アヴリルラヴィーン」!!

彼女にとんでもない噂が広まってます!!なんと、激太りで前とは別人だと話題になってました。しかも、実は、既に死んでいて、今のアヴリルは別人が演じてる?や2003年に亡くなっている。今いるアブリルは偽物?

現在彼女の持っている病気と2017年の活動について調べてみました!!

スポンサードリンク

アヴリルラヴィーンの現在と太った原因は?

スタイル抜群の彼女は、2013年頃から徐々に体型が変わり、一時期妊娠してるのかも!と話題にもなりましたが、現在(2017年)の画像を見るとそこまで太っていません。

一番話題になった時期は、2015年頃です。アブリルの画像がたくさんでてきており、ビックリするほど別人でした!

なぜ太ったのか?彼女は、元々90%ベジタリアンなのですが、一時期ツアー中に、朝からポテトチップスやディップ、マカロニチーズを食べて、毎日夜にピザとビールを飲んでいたそうです!

また、

「その頃は本当にいつもイライラしていたの。ジャンクフード、砂糖、炭水化物がイライラの原因だったのよ。低血圧だったから、栄養士から何を食べたらいいのかを学んで、治すことができたの。今は健康的な食生活の時の気分の良さをわかってるから、昔のような食生活に戻ることはないわ」

と太っていた当時のことを語ってくれています。

また、彼女は、ライム病になったことがきっかけで、オーガニックフードやジュースを積極的にたべるようにし、砂糖はほとんど食べないようにしていたとのことです。

ただ、イタリアが好きなようで100%ではなく、そのうち10パーセントはピザなどファーストフードもたまに食べたりするそうです♪

現在の体型は、身長158cmの体重50kgくらいだと噂されています。体型維持には、それなりの努力と根性がいりそうですね!

運動に関しても、アブリルは努力してるようです!パーソナルトレーナーの「Greagoly Joujon Roche」が指導しており、筋トレとかでなく、楽しくこなせる運動になるようにプログラムがくまれているようです。

スポンサードリンク

ライム病とは?

2015年頃、彼女が患っていたライム病。

マダニ科マダニ属のマダニに媒介されるスペロヘータの一種、ボレリアの感染症によって引き起こされる人獣共通感染症の一つ。

野生動物では感染しないが、人、犬、馬、牛では臨床症状を示し、この病気の名前の由来はアメリカ、コネチット州のライム、及びオールドライムで1975年には最初確認されたことにちなんでいます。

感染初期は、刺された辺りを中心に紅斑があらわれ、インフルエンザに似た症状も伴うことがあるそうです。

感染すると、数ヶ月から数年にかけて、慢性関節炎や慢性脳脊髄炎を発症する場合もあり、長引くことも多々あるようですね。

ただ、現在はライム病は感知しているようで、当時のことを

「5ヵ月はベットで、寝たきりだった。息もできないくらいで、話すことも動くこともできなかった。このまま死ぬんだと思っていたわ。丸1週間もシャワーを浴びることができない時期もあったの。耐えられない感覚だったわ。まるで生命が全身から吸い取られていくみたいだった」

と、かなり絶望的になっていた時もあったようです。

虫に刺されたことでこんな症状になるとは、一般の人でも分からないことですよね。

無事に治って本当に良かったです!!

アヴリル・ラヴィーン


2017年の活動内容

さぁ!2017年、彼女はどんな活動をしていくのでしょうか!

なんと、アルバムがリリースされる予定です。

昨年12月26日にインスタで投稿されており、ニューアルバムについては、

一部ですがこのように話しています。

「ライム病と戦い、アブリル・ラビーン・ファンデーションを通してその認知を広めていくことはこれからも常に最優先になるでしょう。本当に伝えられるのが嬉しいんですが、今新曲を取り組んでいて、2017年はアルバムをリリースします。みんなに打ち明けて、心通わすのが待ちきれません!新曲聞いてもらうことに興奮しています。素晴らしい2017年になるでしょう!」とコメント。

ご存知かもしれませんが、アブリルの妹さんとワンオクのベース担当Ryotdさんと結婚されてることもありますし、日本での活動もこれから増えていく可能性もありますね!

日本では、マンガ『ワンピース』の主題歌を担当するなど、日本での活動も多いんですよね!!

これからも彼女の歌手活動に目が離せません!

スポンサードリンク