NHKの朝ドラのヒロインに選ばれた安藤サクラさん。

史上初のママさんヒロインとして話題になっていますね!

なんて言ったって旦那様も有名な俳優さんの柄本佑さん。2012年にご結婚されていましたが、お二人とも実力派俳優としても有名です。

安藤サクラさんは2015年には第39回日本アカデミー大賞最優秀賞主演女優賞を獲得されているんですよ!

今回は旦那様との間に生まれた子供について調べてみました!子供の年齢や性別もみていきますよ!まだ、姉も映画監督で有名な方なんですが、姉もまた妊娠されていらっしゃったとか?現在お子様が出産されているのかについても調べてみました。

スポンサーリンク

安藤サクラについて

安藤サクラのプロフィール

名前:安藤サクラ

本名:柄本サクラ(えもと さくら)

生年月日:1986年2月18日

デビュー:2007年

両親:

安藤サクラさんは母親が安藤和津(あんどう かづ)さんと言って情報ライブ ミヤネ屋のコメンテーターとしてもお馴染みで知られています。

父親はまた俳優で有名な奥田瑛二(おくだ えいじ)です!

両親共に有名な方ですね!!

安藤サクラの結婚相手について

結婚したときの年:2012年

名前は柄本 佑(えもと たすく)

出身地:東京

実力派俳優としても有名ですが、偶然サクラさんが2008年「あきた十文字映画祭」へ向かう途中の新幹線の席で出会ったと言われています。

そして、初めて共演されたのは2010年の映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」でした。柄本佑さんの方が先に安藤サクラさんに一目惚れしたそうですよ。

スポンサーリンク

安藤サクラの子供の名前や年齢!性別は女の子?

安藤サクラの子供の名前と性別

2012年に結婚されたわけですが、2017年6月に子供を出産されていましたよ!

結婚されて5年後となりましたが、おそらくお二人のお仕事の関係もあってタイミングもみていたのかもしれません。

実は子供の名前については非公開となっています。

おそらくご夫婦共に有名な方のため、子供のことを非公開にする方は多いですよね。

また、安藤サクラの子供の性別は「女の子」です!!

余談ではありますが、2018年朝ドラ「まんぷく」が大阪の方で撮影されるにあたって、住んでいる東京を離れて大阪で育児をしていることを話していたそうです。

どうやら「まんぷく」のスタッフの配慮で、NHK側が託児所やキッズルームも用意してくださるんだとか。

働くママをサポートしてくださるのはとてもありがたい環境ですよね!

安藤サクラ

安藤サクラの子供の年齢は何歳?

安藤サクラが当時31歳の時に出産しています!

年齢はまだ1歳にもなっていませんね!2018年1月時点では8ヶ月くらいの赤ちゃんです♪

出産されたことにより、女優のお仕事を減らすどころか、朝ドラのヒロインにまで抜擢されたのでこれから忙しくなりますね〜。

子育ては大丈夫なのか調べてみますと、旦那である柄本佑さんの実家の近くに住まいを移しているので義理の両親のささえあればなんとか子育てはうまくやっていけそうですね!!

安藤サクラ,姉妹

姉の桃子も妊娠中?姉妹ですごい!

安藤サクラには1人の姉がいるのですが、姉もまた子供を出産されている情報がありまして調べてみました!

すると姉も当時32歳で旦那である一般男性の方との間に2015年第一子を出産されていたんですね。

子育ては高知県でされているとのこと。現在3歳になることですね(2018年1月時点)

安藤サクラの姉である安藤桃子の何がすごいって、実は映画監督なんですよ!!

高校時代にイギリスに留学されてまで映画について勉強をされてきまして、2010年に映画監督デビューしているんです!

2014年には映画「0.5m」で姉が監督、妹のサクラが主演女優となって姉妹で共演されていました。

当時もかなり話題になっていたようですね!!姉妹ですごいーーーー!

スポンサーリンク

まとめ〜お母さんになった安藤サクラのこれまでの人生〜

安藤サクラの旦那さんである柄本さんは、インタビューで自身の娘のことを「かわいいですね。こんなにかわいいんだって思いした」とどうやら娘さんを溺愛中です^^

安藤サクラさんとは共演をきっかけに交際に発展して、結婚にいたりました。朝ドラ「まんぷく」については彼女の演技力にすでに評価が高まっています。

ちなみに「まだ世界的には名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優⑦人」の一人に選ばれています。

実は曾祖父さんは元内閣総理大臣だったとか、かなりの良い家柄だったようです。父親に「奥田瑛二」さんということで子供時代から映画作りをみてきたので早くから「女優」には興味を持っていたようです。

母となった今、夫婦で俳優、女優ということでお二人ともに多忙かと思いますが、身体に気をつけながら温かい家庭を築いていってほしいものですね。