残念なニュース。拉致被害者の家族のことを思うと胸が痛い。なぜこのタイミングで米朝首脳会談は中止になったのか?急すぎて、みんな「なぜに??」と理由を知りたい人が多いはずです。

現段階で私が把握している内容を今回お伝えしようと思います。

今回拉致被害者の奪還に大きなチャンスを迎えていたにも関わらず米朝首脳会談は中止となりました。

スポンサーリンク

米朝首脳会談の急遽中止はなぜに?

2018年6月12日に場所シンガポールで米朝首脳会談は行われる予定でした。

現段階で報道では、北朝鮮の金正恩から受け取った書簡から中止することが検討されました。

明らかに敵意を感じていたというものです。

今回の米朝首脳会談は世界史にも載るんじゃない?ってくらい、それはとてもとても重要な会談でした。

個人的には、北朝鮮側はこれまで韓国や中国とのトップと会談を重ねてきたのもすごく気になっていましたが、

北朝鮮側が彼らと会談を行うのはおそらくアメリカと北朝鮮の架け橋役として利用していたのではないか?とも考えています。

北朝鮮は自分の国をもっと敬意を払うようにと言わんばかりに隣国との関係の強さを誇示していたようにも感じます。

急に金正恩の神経質というか、よくない性格が出たのかもしれません。

スポンサーリンク

アメリカの条件が原因?理由が知りたい

北朝鮮にはアメリカはある一定の条件を出していました。

大きなことは「非核化」ですね。報道でも言われていますが、、

しかし、いっぽう北朝鮮も世界からの体制保証」を条件として要求しているそうです。

彼らの狙いはおそらく、南北の現状を維持することを認め、結果正式に平和条約の締結を目指すことと、

報道では説明されています。(様々な輸出、石油など隣国とのつながりを強めたいのでしょう)

いちお北朝鮮は非核化への具体的な行動をとることを示唆しているのですが、アメリカはまだまだ北朝鮮を信じきっていない様子です。

それもそのはずこれまでも北朝鮮は非核化の宣言をしてきたにも関わらず、結果保持してきた事実があるからです。

そういった「まだ北朝鮮のことは信じられんぞ!」的な態度が北朝鮮の癪に触ったのかもしれません。

アメリカの譲歩のない態度

結局アメリカはずっと非核化を強く望んでいて、このことを首脳会談でもさらに具体的にどうするのか?

について話し合うつもりだったのです。

北朝鮮に二回すでに訪朝しているアメリカのポンペオ長官が北朝鮮側に送る書面にて

「適切な取引が机上になければ丁重に立ち去ることになる」という風に述べたことから、

北朝鮮もかなり神経にさわったのではないかと考えています。

つまり、私が思うに、

まだ北朝鮮はアメリカ側から非核化の要求に対して具体的な行動について」まだはっきりとさせていなかったのかもしれません。

報道などから感じるのは、アメリカ側の強い圧力が原因で北朝鮮もかなり強い敵対心のある態度を示してきたのかもしれないということです。

一筋縄ではいかなさそうですね。北朝鮮は今後さらに強気に出てくるでしょう。