2017年5月17日に眞子様のご婚約相手の方、小室圭さんが報道陣に囲まれて会見をされました。多くは語らず、ということでまだ結婚に関しての詳しい日程などはこれから決められていくようですね。

さて、眞子様のお父様は、秋篠宮様ですが、現在天皇陛下の生前退位のお話が今年から来年にかけて大きく動いているようです。秋篠宮様の次期天皇になる可能性から、秋篠宮様は天皇にふさわしいとネット上でも話題になっています。

【秋篠宮様の天皇になる可能性!息子悠仁様は発達障害?長女眞子様の結婚いつ?】こちらの記事も参考にどうぞ!

また、天皇案にあります、即位時期、皇太子待遇とはどういった内容なのかについても調べてみました!!

スポンサードリンク

秋篠宮様は天皇にふさわしい?

ネット上では秋篠宮様の次期天皇にふさわしいと高い評価を感じました。

天皇になるにふさわしい条件としては、皇位継承の順位もありますが、

「憲法に定められた象徴として、務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」

とされています。

なぜ、秋篠宮様が天皇にふさわしといわれているのか、調べてみますと。このような意見がございました。

本来ならば、皇位継承順位は皇太子様でありますが、皇太子妃殿下が何年も公務を成し遂げられる状態ではないこと、病気などでも報道で公になっていましたね。また、お子様が愛子様(女性)であることなどがあげられていました。

それに対して、秋篠宮様ご夫妻の熱心にご公務をなされており、今後の大変な公務もこのご夫妻ならばやり遂げていけると、世間から評価を得ています。

また、ご子息に悠二様(男子)がいらっしゃることの存在は大きいようですね。

スポンサードリンク

天皇案の即位時期について

天皇案(天皇退位案)にある即位時期に関しては、2018年12月下旬に行われる案が政府内で上がっているようです。

新たな元号に改める日は国民の生活への影響を最小限に抑えるために、2019年1月1日を想定していうるようです。

つまり、陛下が退位される候補にあがっている日付は、2018年12月26日から31日までの間になります。また、12月23日には陛下の85歳の誕生日。祝賀行事があり、大正天皇逝去の日に当たる25日は皇居で祭祀が行われることから、26日から31日の間になる可能性が高いといれています。

退位時期には当初2019年元日に改元と併せて行われる予定でしたが、官内庁で「元日は皇室できわめて重要な日である」ということから、新年行事に加えて、陛下の退位と新天皇のための儀式を同じ日にされるのは難しいという立場をはっきりさせています。

2019年まで約1年と半年。平成の時代ももうすぐ幕を閉じて、また新しい時代の始まりがやってきますね!

陛下が一日でも早く身体を休められるようにこの天皇退位案がスムーズに事を運んでくれることを祈ります。

こちらの記事もご参考に

秋篠宮家のお噂!母親は誰?女優の加茂さくらにそっくり?真実が知りたい

秋篠宮様の天皇になる可能性!息子悠二様は発達障害?長女眞子様の結婚いつ?

皇太子様はいつからカツラ?羽田空港でピンが取れる写真あり?【画像】

皇太子様は天皇になれない?反対や無理の理由!年齢や年収【画像】

皇太子様が病気!尿もれのため泌尿器科で手術?ズボンに尿袋がみえる?

秋篠宮様ご夫妻

皇太子待遇とは?

皇太子待遇ってどういうことかご存知でしょうか?

現在、天皇陛下の退位後は、皇位継承者第1位の秋篠宮様について、政府が「皇太子」と同様の待遇とする方向で話がほぼ決まっているようです。今の秋篠宮様に関する予算を皇太子並みに上げると同時に一般の皇族のように離脱できないようにもするようですね。一般の皇族との差は大きいようですね。

また、海外からも皇太子と同格の処遇を受けるように英語表記される場合は『crown prince』用いる予定だそうです。

皇太子とは天皇の子を指しますが、秋篠宮様は皇太子のお子様ではありませんので、その点に天皇陛下退位後の処遇に焦点があてられています。政府内では、秋篠宮様を何らかの形で、「皇太子」を付与する案や、「皇太弟(こうたいてい)」とする案もでてきています。

今のところは、特例法案で、皇太子待遇にとどまることになったようです。

様々な法律があることから、簡単に天皇の子ではない子が皇太子➡天皇になるのには、なかなか厳しい状況なようですね。

皇太子待遇により予算が大幅に上がることから、秋篠宮様の活動範囲は広まり、公務もこれからさらにお忙しくなられるのではないでしょうか。

ご公務の大変さは私たち一般人には想像できないお仕事で、大変であると同時に大切な皇室の方のお仕事ですよね。どうかお身体を大切に、ご公務していただけるといいなと思います。

スポンサードリンク